「結婚を解消して人生をリセットしたい…でも…」

女性が離婚を考えるとき、まず直面するのが決断を鈍らせる2つの障壁です。

離婚を考える女性が直面する2つの障壁

1.経済的な自立が困難
2.離婚後の住居の確保

その他にも、例えば子供がいれば養育の問題もありますし、悩ましいことは色々ありますが、大前提として「生活費」と「住居」の確保にめどが立たなければ、離婚を強行しても路頭にまよってしまいます。

さらに、子供の親権を争うような事態になった場合も、経済力が乏しければ親権者として不適格だという評価を受けてしまいます。

DV、モラハラ、浮気など、女性にとって耐えがたい不誠実が夫の側にあったとき、離婚は自身や子供を守るために必要な選択肢です。けれどもそれが実際にはとても困難であるという理不尽…

でも、実際に行動を起こしさえすれば不遇な状況を脱け出す道はあります。資金も頼れる人もなく先の見えない状況であったとしても、手順を間違えなければ、安全に人生のリセットを図ることは可能です。

その方法として、以下では「寮付き(住み込み)求人の活用」を提案していきます。寮付きの求人は「経済的な自立」「住居の確保」を同時に実現できる一石二鳥の手段ですので、女性が自立への歩みをスタートさせる足掛かりとして最適で、なおかつ健全な方法です。

 

離婚したいけど行くところがない…

夫婦関係が険悪になって離婚を考えるような場面では、まずは配偶者と距離をおきたいというのが、とくに女性の場合の切実なニーズなのではないでしょうか。

一時的な別居は「離婚」を回避するという方向性においても必要な時間ですし、よく言う「実家に帰らせて頂きます」が可能であれば一番よいのですが、それが出来ない人も少なからず居られることでしょう。

・親との関係が悪く(毒親)実家は頼れない
・もともと親が反対した結婚だったので今さら戻れない
・両親に心配や負担をかけたくない
・兄弟姉妹が結婚をして実家を継いでいる
・親はすでにおらず兄弟姉妹もいない
・賃貸住宅の家賃を払って暮らしていける経済力がない
・できれば親権を得て子供と暮らしたい
・DV夫に居場所を知られずに暮らしたい

実際のところ「別居」は離婚以前に実現したい課題です。けれども、当面はホテル住まいをするとか、賃貸住宅を借りるとか、お金があればそうした選択をするところですが、経済力が乏しいばかりにそれもできず、結果として我慢を続ける以外に選択肢が見えない…。あなたはそんな状況に陥ってはいないでしょうか。

 

このまま理不尽に耐える人生が続くのだろうか… 

「夫婦になったぐらいなので一緒にいるのが楽しい時期もあったし、思い出をたどると情が湧いてきて決断できなくなってしまう…」

夫婦は「愛情」で結びついていると言えば鼻で笑われるような世相ですが、一片の情を引きずっているとすれば、それはあなたが結婚に愛情をもって臨んだことの現れなのだと思います。でも、それが繰り返し裏切られたとき、我慢の先に待っているのは幸福な未来なのでしょうか。

・趣味や浮気で家庭を顧みない夫にストレスがつのる
・怠け者のヒモ夫に依存され続ける悲惨な生活が続く
・自己中心的な夫をやしなう家政婦のような日々
・モラハラ夫に愛情がなくなり一緒にいても嫌悪感しかない
・子供の前で毎日のように夫婦喧嘩
・夫のDVが子供に及んでしまう
・経済的に夫に支配されて自由がない

夫婦とはいっても、相手に変化を求めるのは難しいことです。大概はそれを要求するような場面で夫婦喧嘩が勃発しますし、よく言われることですが、人は他人を変えることは出来ません。誰かの働きかけで改心するということも無くはないのですが、それも本人が変わろうと思わなければ成しえないことです。

 

安全な仕事と住居を確保する方法とは?

自分が置かれた不幸な状況を抜け出そうとするとき、まずは小さなことでも自分で行動を始めてみなければ物事は変化していきません。それには、まずは自分が変わることです。あなたが疑問を投げかければそれに答えてくれる人が現れますし、歩き始めて躓けば手助けしてくれる人が現れます。そんなふうに、あなた自身が流れを生み出していく必要があります。

堂々巡りのように離婚を迷うときには、これから叶えたい理想の生活をイメージしてみましょう。

・とりあえずは特別なスキルのいらない職について生活費と住まいを確保する
・つつましくても家庭内での不快な干渉や拘束から開放された穏やかな日常
・もともと得意だったことや趣味を活かせる職業に就けるようにスキルアップを図る
・資格を取ってパートから正社員に登用される
・仕事を頑張ってオフの時間もしっかり確保…子供との時間を大切にする
・経済的に自立した女性として自由に生きる

1年後はこんなふうに暮らせていたらいいな…そんな手が届きそうな理想を、毎年更新していくイメージです。そのために、今日からの一ヶ月は何をするか…そんなふうに逆算して、小さな段差(スモールステップ)を着実に登って行きましょう。必ず「ここまで来れた」と笑える日が訪れます。

以上のように真に離婚を選択すべき状況に身を置きながら、親兄弟などを頼れず経済的にも厳しい女性が、とりあえずの居場所と生活費を確保する「安全」な方法は、概ね以下の2通りに絞られます。

1.行政支援で当面の生活をまかないつつ徐々に自立を図る方法

行政の支援は現状で困窮していたり、DV被害を受けている人が対象になります。ということは、例えば「生活保護」を受けたい場合でも、申請できるのは実際に別居をしてからになるので、家を出る際の資金としては活用できません。ですので別居に踏み切るのは、居場所の確保も含めて少なくとも2ヶ月~3ヶ月は自分で生活を賄える程度の準備をしてからにする必要があります。

ちなみに生活保護の審査は世帯単位なので、原則的には婚姻状態で夫に一定の収入がある場合は対象になりません。けれども離婚の成立には長く時間を要する場合もあるので、別居の状態があれば受給は可能になっています。

以上のように行政の支援は別居の初動には利用できないのが難点です。ただし、暴力を受けているなど状況が深刻な場合には、駆け込み的に宿泊と食事、就職などの支援が受けられる「婦人保護施設」や「母子寮」などもありますので、事態が切迫し過ぎる前に地域の「福祉事務所」や「婦人相談所」で相談してみましょう。

加えて留意しておきたい点ですが、生活保護の相談に関して市区町村の窓口は不親切な場合が多いと言われています。仮にそうした場所で冷淡な対応を受けても消沈して諦めてしまうのではなく、ぜひ人権擁護に携わる機関に相談することをお勧めします。

全国の婦人相談所一覧 https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000402433.pdf

生活保護問題対策全国会議 http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

2.寮付き(住み込み)の就職で給与収入と住まいを同時に得る方法

寮が完備されている求人は離婚を前提として別居を望んでいる女性には「渡りに船」な選択肢です。特別なスキルや経験がなくても就職できて、当面の給与収入と住まいを同時に確保できます。

作業服の女性の画像

前述の行政支援はいったん困窮状態に陥らなければ対象になりませんが、寮付き求人の場合は別居の前に面接などの準備を進めて、入職に合わせて寮に入居することが可能です。

心配なのは「当面の生活費」ですが、「準備金」の支給や「日払い」に対応してくれる会社もあり、自身の状況に応じて求人を探してみましょう。ネット上の求人サイトでも、例えば以下のような求人がいくつも見受けられます。

《寮あり&環境バツグンでキレイな職場》海をみながら食事できます(≧∇≦)

勤務地:神奈川県横浜市金沢区

時 給:1,320円〜1,650円

職 種:軽作業

雇用形態:派遣社員

勤務時間:(3交替)6:55~15:25、14:55~23:25、22:55~翌7:25  ※2交替とのシフト制

内容詳細:《*楽チンすわり作業*》包装材料の見た目チェックやサイズチェック。測定機器の操作などもお願いします(*≧∀≦)ゞ

※寮アリのお仕事!一人暮らしスタートにもピッタリ♪

【待遇・福利厚生】

各種保険・手当、有給、制服あり、寮完備、通勤交通費別途支給

◆日払いOK!

引用元:お仕事探し・求人紹介 ラシーク

寮付きや住み込みの求人は、かつては複数名が狭い部屋で寝起きして長時間の重労働に耐えるようなイメージがありましたが、現在はワンルームに生活家電が備え付けという求人も普通になり、バッグ1つで家を出て新生活を始めることが可能です。さらに求人を出しているほとんどの会社が引っ越しや赴任の費用を支給してくれます。

仕事の内容も、どちらかといえば機械部品の組み立てや点検、食品の包装など、軽作業に従事する求人がほとんどです。その他にも期間の限られたリゾートバイトなど、寮付き求人には選択肢も色々あって、当面の生活を賄いつつ、資金を蓄えて次のステップを目指すのにも理想的です。

 

これから別居をするなら「寮付き(住み込み)求人」がお勧め

離婚に限らず昨今はコロナ禍の影響もあり、居場所を失い困窮する女性が増えています。昨日も新聞にこんな一文を目にしました。

12月29日から1月3日までの6日間、生活困窮者を支援する相談会で相談員をしていた。12月29日、30日、1月2日に都内の公園で開催された年越し支援コロナ被害相談村には三日間で337人が訪れた。うち女性は57人。12月31日の都内の公園で開催した臨時相談会と、1月1日、3日に教会で開催した年越し大人食堂には、三日間で150人以上が相談に訪れ、956ほどの食料が配布された。(中略)リーマンショック後にはいなかった炊き出しに並ぶ女性達も急速に増えている。ミニスカートの若い女性が、「品のいい奥様」といった年配女性が、野宿の男性に混じってお弁当を受け取る姿が当たり前の光景になりつつある。

(令和3年1月16日新潟日報 雨宮処凛氏コラムより引用)

状況に余裕があれば金銭的な準備をするとか、あらかじめ職業に就いておくとかしてから別居のための行動に出ることもできますが、追い込まれ余裕のない状況で悩んでいる女性もおられることでしょう。

先に述べたように、国や自治体による支援は現状で「困窮している人」や「暴力を受けている人」が対象なので、離婚に向けてこれから別居をしようという状況への適用は、あまり期待できません。

また、いったん「住所不定」や「無職」の状態に陥ってしまうと、賃貸住宅の契約ができなかったり、就職が出来にくくなるという事情もあり、這い上がるのに大変な苦労を要します。そんな状況で風俗業界に身を投じ、底なし沼にはまってしまう女性も多くあります。

それに対して寮付き求人は、別居に至る前の住所のある状況で応募できるので、新生活への移行に伴うリスクの大半を排除できます。「住所がある」という現状は、それだけでも大変有利な要素なので、粗末にしないように準備を整えましょう。

寮付き(住み込み)求人のメリット

・仕事と住まいを同時に確保できる
・特別なスキルがなくても仕事に就ける
・家賃(寮費)が無料か格安
・ワンルーム個室寮完備の求人も多い
・家具や家電が備え付けられている
・赴任交通費や引っ越し費用が支給される
・子供と暮らせる家族寮に対応する求人もある
・地元に縛られず、住んでみたかった町での生活をスタートできる
・正社員登用制度のある求人もある
・支度金の支給や日払い OK の求人もあり当面の生活費に困らない
・食事付きの寮もあり、貯蓄とスキルアップに有益
・中高年が活躍できる求人もある
・国民年金や健康保険、雇用保険などのセーフティネットに加入できて安心

まとめ

自身や子供のこれからを考えて離婚が必要と判断したなら、迷いはあったとしても準備には早めに着手しておきましょう。へそくりを貯めるとか、短時間のパートに出るとか、いざという時に用意があれば、最悪の状況を回避する力になります。そして、もしも

「離婚したいけど行くところがない…」

そんな苦しい状況に陥ったなら、当面の仕事と住まいを同時に確保できる「寮付き(住み込み)求人」は一点の光明とも言える選択肢です。仕事の内容は必ずしも面白いものではないかも知れませんが、少なくとも次のステップに移行する準備を整える期間として、収入を得ながら安全に過ごすことが出来ます。

この記事では離婚を考える女性が貧困に陥らないための方法として「寮付き(住み込み)求人」の活用をご紹介しました。自立した理想の生活への移行を叶えるためには、力を蓄える準備の期間が必要です。「寮付き(住み込み)求人」はそうした状況にうってつけな選択肢ですので、ぜひ活用することをお勧めします。

☆女性が活躍している経験不問の寮付き(住み込み)求人が探せるサイト

女性に特化された求人紹介サイト⇒お仕事探し・求人紹介 ラシーク

製造求人サイト☆リニューアル⇒予定に合わせてシフトが組みやすい!女性活躍中の製造系求人【お仕事情報ネット】

製造業・工場の求人を探すなら⇒人気の寮付求人のお仕事探しなら【工場ワークス】

☆温泉旅館やスキー場など期間限定の住み込みバイトが探せるサイト

寮費・水道光熱費無料・食事付!2か月で50万貯まる!⇒リゾートバイトならアルファリゾート!

業界No.1の高時給!!【リゾートバイト.com】⇒寮・食費無料!住み込みでバイトするならリゾートバイト.com!

いまが苦しい状況でも、少しだけ冷静になって事前の準備を心がけて行動をすれば、深みに転落することなく、次の生活への移行が可能になります。人生をリセットして理想の暮らしを実現するために、ぜひ寮付き求人を活用して、安心で穏やかな生活を実現してください。あなたのご多幸をお祈りします。

© 2021 離婚したいけど行くところがない…そんな時に安全な仕事と住居を同時に確保する方法 Powered by AFFINGER5